中綴じ印刷なら低コストで商品を宣伝できる

カレンダー

販促の贈り物や記念品に

名入れカレンダーは販促活動になり、年末年始の挨拶や贈り物には最適です。会社をより多く思い出してもらう機会にもなります。カレンダーは業務活動に不可欠で、電子機器とは違い、多くの需要があります。高級品とは別に多くの会社に利用され配られてもいます。

情報誌は業者委託が便利

カラーチャート

業者委託の魅力

企業が作成する印刷物は多岐に渡っています。会社案内をはじめ、商品カタログ、広報誌など多くの情報誌を企業から発信しています。こうした情報誌の多くは、中綴じ印刷で作成されます。中綴じ印刷は根元まで開くことが出来ること、見開きでレイアウトが出来ることなどのメリットがあることから、広く普及しています。以前は企業が自前で印刷することが主流でしたが、専門業者へ委託する動きが多くなっています。専門業者へ委託する最大のメリットは、印刷の失敗リスクが低いことが挙げられます。専門業者は中綴じ印刷に関するノウハウを持っているため、印刷ミスをすることはほとんどありません。また作業を短時間で行うことができることもメリットとして挙げられます。専門業者では印刷ラインが出来上がっていますので、受注から完成まで迅速に対応することが可能です。さらに料金も比較的安いのが特徴です。特に大量で印刷する場合には、1枚あたりの印刷単価がかなり低く抑えられているのが一般的です。また、専門業者へ委託する際のポイントは、予算の範囲内で印刷が可能であるかといった点をまず挙げることができます。大量印刷であればあるほど印刷単価は低くなるとはいえ、かなりの部数の印刷となればそれなりの費用はかかります。従って印刷にかかる費用がどれくらいなのかについて、事前に見積を取ることが重要となります。また、印刷物の納期についても確認しておく必要があります。企業が発信する情報誌はどれも営業活動には欠かせないものばかりです。納期が遅れると企業の信用問題にもなりかねません。限られた時期までに確実に納められるか、といった点は重要なポイントです。専門業者へ委託することにより、安くてしかも質の高い情報誌が作成できるといった点が、多くの企業で導入されている理由と言えます。

婦人

上手にお客様を集めよう

販促の一つとして効果的なものにダイレクトメールがあります。再来店を促すためには来店景品や契約景品の告知が効果的です。時事に合わせた景品を選定することで来店意識が高まります。また、次の販促に役立てるよう、回収率や決定率を分析することも大切です。

印刷

印刷技術に付加価値

自己紹介のツールとして社会人には名刺交換も必要で、デザインから印刷まで行う業者を利用できます。一枚の名刺から作成でき、シンプルから凝ったデザインまで、様々です。女性の職の定着から、最近では保管したくなる名刺が作成されています。